美基|美白ケアについての情報サイト

美基は美白ケアについての情報をまとめたサイトです。顔のシミ対策や予防方法などについてご紹介しています。
MENU

美白ケアについて

わたしは学校の先生をしているので、毎日日焼けと闘っています。朝自転車で出勤、そして学校に着いたら子供たちと日差しの強い中運動場で鬼ごっこ、授業では体育の時間、お昼休みも子供たちと運動場で鬼ごっこ。

 

行事ではプールや宿泊行事、運動会と毎日日に当たっているような気がします。先生という仕事について4年目、年中日焼けしている状況です。まずケアとしては、

 

普段運動場で遊ぶ時はスプレータイプの日焼け止めをしていますが長袖を着ると暑いので半袖で走り回っています。その結果Tシャツ焼けをしてしまって、腕がいつもヒリヒリ痛いです。

 

顔のケアだけはきちんとしようと毎日クリームタイプの日焼け止めをぬり、その上からUVカットの化粧下地、UVカットのファンデーションにUVカットのフェイスパウダーを塗りたくっているのであまり日焼けしておらず肌のトラブルもありません。

 

1番日光をあびる水泳の時については、長袖にスパッツタイプの99パーセントUVカットのラッシュガードで身を包んでいます。もちろん顔はバッチリ日焼け止めを塗りたくって、さらに帽子を深々と被って万全の対策をしています。

 

どうしても水に入ると手の甲や足に塗った日焼け止めがとれてしまうので何度も塗り直します。とくに水泳のあとは、そんなラッシュガードを着ていてもどうしてもうっすらと日焼けしてしまうので、日焼けしてしまった後は化粧水などを塗ってアフターケアをしています。

 

美白ケアとして日々気をつけていることは、まず洗顔クリームを美白のものにする、そしてその後の化粧水や乳液を美白対応のものにすることです。変化はわかりませんが、日焼けしても秋や冬には白く戻ってきているような気もします。

 

普段の自転車通勤での日焼けで気をつけていることは、腕に日焼けガードのアームウォーマーなどをすることです。日焼け止めを塗りすぎても肌に悪いかな?と思い、極力そういった、日よけのものを身にまとって日に当たらないようにする工夫をしています。

 

顔は、日焼けすると目尻のところにどうしてもシミができてしまうのが悩みです。いまはまだうっすはとしたシミなのでメイクで隠せるぐらいのものですが、今後シミやソバカスが増えていくのが怖いので、顔の美白ケアは今後さらに強化していきたいと思っています。

 

今のところ出来ているシミやソバカスは、メイクでファンデーションを厚塗りしたりして隠すしかないのかなぁと感じています。

 

参考:スキンケア大学 シミ そばかす

 

美白ケアができないので新たなシミや小じわを作らないように心がけています。

 

私は20代前半のころ、趣味でマリンスポーツを楽しんでいたことがありましたが、その時に紫外線対策をせず一時は真っ黒に日焼けしたことがありました。

 

当時はお肌への影響をあまり気にしませんでしたが、40歳手前になった現在では顔にシミが出てきたり、小じわが目立つようになってきました。おそらく20代前半から紫外線対策をしっかりしていなかったのが原因だと思われ、現在はきちんと対策しなかったことに公開しています。

 

・日焼け対策をしっかりしていませんでした。

私は自分の母親があまり紫外線対策をしなかったということもあり、以前は自分も日焼け止めを使ったりしっかりメイクをして日焼けを予防することに興味がありませんでした。

 

また20代前半は日焼けをしても代謝がよかったのか、すぐにお肌が元の色に戻るしシミができることも小じわができることもなかったので、そのまま30代手前まではメイクをする以外は日焼け対策をすることはありませんでした。

 

しかしこのことが原因で、今現在顔のシミや小じわに悩んでいるのだと思っています。

 

・美白ケアをしたくでもできない肌質です。

30代に入ると、日焼けをしたら簡単にお肌の色が元に戻らなくなってきました。また徐々に顔に目立つようなシミが出てきたり、目じりなどに小じわが出てきたりしたので、慌てて美白ケアをし始めました。

 

市販の美白ケア用品をいろいろ試しましたが、私は超敏感肌で多くの化粧品が合わないのでこれまで使用してきた美白ケア用品は皆お肌に合わず、刺激があったりして使用を中止しています。

 

今までにお肌に合うような美白ケア用品を見つけられていないので、現在は美白ケアができない状態になっています。

 

・今よりもひどくならないように紫外線対策をしています。

すでにできてしまった顔のシミや小じわは、今のところ自宅でケアができていませんし、かといって美容外科で治療を受ける費用もないので、現在は今ある顔のシミや小じわをなくすということは考えていません。

 

今後は新たにシミや小じわができないようにするために、年中紫外線対策をしっかりとしています。ベースメイクアイテムは、必ずUVカット機能の入っているものを選び、外出時は常に日傘か帽子を使用しています。

 

またここ2年はランニングを趣味としていて走る際は確実に日焼けをしてしまうのですが、今までさぼりがちだった日焼け止めの体への使用も徹底して、ランニング時も紫外線対策をしっかりとするようにしています。

 

シミを薄くするおすすめの医薬品

ホワイピュアでシミが消える?!15人の本音の口コミまとめ

更新履歴
このページの先頭へ