老化による顔の変化について

老化による顔の変化についてご紹介していきます。老化は怖いですよ^^;
MENU

老化による顔の変化

 

初めまして。現在、もうすぐアラフォーを迎える男性です。若い頃は、女の子に良く間違われ綺麗な肌とよく周りから羨ましがられていました。若い頃は手入れをよくしていました。

 

若い事もあり綺麗な肌でしたが二十歳過ぎには手入れを辞め三十路をむかえました。三十路、近くなった頃から急にシミやシワ・頬に髭など気になり手入れを始め効果的な手入れを伝えていこうかと思います。

 

肌の悩みは、女性特有に思われがちですが男性だって同じです。気になります。色々と試行錯誤し、改善は見られたので同じ悩みを持つ方の参考になればと思います。現在では、同世代の方と比べると綺麗な肌で年齢より若く見られます。

 

やはり肌と年齢は比例するので手入れをし、いつまでも少しでも若くいたいものです。

 

私が若い頃に気をつけていた点を紹介します。

二十歳になるまでは、お風呂上がりに必ず化粧水と乳液、さらにパックをしていました。化粧水は叩き込むように肌を優しく叩く感じで刷り込みます。乳液も同じ要領で使用していました。

 

その後、顔のパックを10分ほど加湿器をあてながら保水していました。髭の剃り跡で青くなっている方を見て絶対になりたくない!と思っていた私は、極力髭を剃らずにハサミで一本一本切っていました。

 

若い頃はこれだけで周りの人以上に美肌を作れました。しかし、手入れを怠り年齢を重ねるにつれ肌は老化の一歩を辿ります。

 

三十路を迎え手入れを再開。

二十歳を過ぎた頃から肌の手入が面倒くさくなり辞めて三十路を迎えました。ふと鏡をみるとそこにはシワやシミ・髭の跡が。一番ショックだったのは頬に髭の跡が残っていた事です。

 

そこでまず、髭をカミソリで剃っていましたが電気カミソリにかえました。カミソリを直接肌にあて剃る行為は明らかに肌に良くないと考えたからです。そして、お風呂で女性用の洗顔と泥パックをし、その後浴槽につかり保湿をしました。

 

風呂上がりには、以前行なっていた化粧水と乳液を刷り込みます。加湿器を購入し再度加湿し潤いをもたせます。そして、毛穴とりをし最後に再び化粧水を叩き込みます。顔の筋肉を鍛える為、大きく口をあけアイウエオ体操をしました。

 

これを、一年ほど続けると明らかに肌の状態が良くなりました。髭の剃り跡も気にならなくなり、はだにツヤとハリが生まれました。流石にシワは戻りませんが、気持ち薄くなった?気がします。シミに関しては増えている様子もなく効果的だったと思います。

 

やはり、肌の手入れは大切ですね女性・男性に関係なく普段からの手入れを怠らない事が肌の健康を保つ秘訣です。

このページの先頭へ